相続や相続人の定義ってなに?

相続、相続人の定義

相続とは死亡した人の財産を取得することができる被相続人と一定の関係のある人に承継することを言います。そして故人を「被相続人」と呼び、財産を相続する親族などを「相続人」と呼びます。

また相続財産には、現金預金や株式、土地や家などの不動産、自動車、貴金属等の動産などのプラスの相続財産(積極財産)ばかりでなく、借入金等の債務などのマイナスの相続財産(消極財産)なども含まれます。

このように、個人のプラスの財産とマイナスの財産のすべてを承継させるというのが相続という制度です。

江東区の税理士 大倉公認会計士税理士事務所へのお問い合わせ